Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

問題の核心は、皆、PTSD。パキシルは「無意識に抑圧された中核トラウマと向き合う」ために飲むhttp://bit.ly/trauma-juyou「サイコドクターSの臨床理論」を理解しない限り「治らない」…http://amba.to/1ILz1Qc
    0 0

    2017-10-29 16:40:31記事に追記。

    元記事:

    『夫を殺害されPTSD発症の女性が苦しんだ離人感』

    https://ameblo.jp/raingreen/entry-12323811874.html

    にコメント No. 1. 何と申しますか…

    投稿できました。アメブロさん、ありがとうございます。

    コメント内容:

    ご紹介の記事には、
    「犯罪被害に理解ある精神科医や臨床心理士をどう探せばいいか」と書いてありましたが、
    「精神科医や臨床心理士が実は犯罪者」であるケースがあまりにも多いため、何と申しますか…。

    殺害を実行した元陸上自衛隊員は、PTSD否認を推進する安倍一味らのような権力者たちによって、PTSD予防が不可能にされてしまった点で、犯罪者=加害者型PTSDになる前は、被害者たる未治療PTSDなのでした。

    PTSD否認を推進する専門家たちが
    現世=うつし世を
    鬼畜の世界にしているのです。

    この現象を観察・記述せず、
    高次の自我
    などと書いているようでは困りますね。

    あ* 

    ===コメント内容おわり===

    コメレスは、元記事

    夫を殺害されPTSD 発症の女性が苦しんだ離人感

    にてご覧ください。

     

     

     

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    皆さまも、お大事に。

     


    0 0

    あなたは何故、死んでしまいましたか。

    私は、キャリブレーションをデタラメにした論文を出せと強要するような関係は「友情」とは呼ばないと言っただけです。

    あなたに死ねとは言いませんでした。

    そして、あの韓国人女性科学者にも私は何も言いませんでした。

    海老沢研さんにも何も言いませんでした。

    河内明子さんには少し話をしました。でも、全部は言いませんでした。誰の人生もクチャクチャにしたらダメだからです。

     

    でも、彼らは、私の人生なんか、どんなにクチャクチャにしても気にしなかったのです。

     

    さようなら。

     


    0 0
  • 11/05/17--12:28: 今日はお見合いの日
  • お見合い、してみたい?

     

    若い頃、一度、遠慮しました。

    写真と釣書だけでも見て…と言われたのですが、見てから断ったら失礼なので封を開けずにお返ししました。

     

    そのあとも、一度も「お見合い、してみたい」と思ったことはありません。なぜなら、私が行くところは常に男性が多くて、女性がほとんどいないから、出会いは満ち満ちているためです。こうなったことは、私の責任ではありませんよ。

     

    ▼本日限定!ブログスタンプ

    あなたもスタンプをGETしよう


    0 0

     

    @emiemi14 さまが…認知行動療法しかできないバカ=臨床心理士のくせに、仏教をアップデートするそうです…orz。私の師匠=宇宙現象学の師匠が聴いたら唖然とするでしょう。彼女は、これから公認心理師になるのでしょうね。「社会適応」のために。野田和子さんもそうでしょ?そうして、安倍ちゃんのお友だち以外は、人権がなくなってしまったのです。あまりの惨状に、私もキレてしまい、どこかに

    おい。中澤。お前が馬鹿なんだよ。

    と解離コメントをしてしまいました。どうも、すみません。中澤先生がご覧になり、私を訴えることがありましたら、即、謝罪して、慰謝料を払いますので、お知らせください。濫訴は不要です。

    14. Re:どうやら、「心理戦争」の実相

    >ゆうがたお阿佐さん

    傍から失礼します。それは、「エセ宗教」ですよ。
    なぜなら、人々の死生観を支えるのが本来の宗教だからです。庶民を騙し討ちにして死なせるのは宗教とは言えません。

    また、宗教哲学は、宗教ではありませんので、三木清を坊さんが読んでも仏教ではありません。逆に、@emiemi14 さんが「仏教をアップデートする」と言っているのは、彼女の精神機能が障害していることを示しています。心理職らしいのですが?

    さて、人類レベルで現象学を進めれば、
    第二次大戦によって
    (1)優れた日本人将兵を無碍に死なせたことを反省しないで済ませるツールが靖国神社であり、
    (2)「西洋帝国主義戦争をもうやらない」と決めたら西洋帝国主義戦争とセットの脳病院もレーゾンデートルがないわけですが、
    (3)「西洋帝国主義戦争をもうやらない」と決めることに反対する人々が晋精会を結成し、脳病院=精神科病院の永続を安倍ちゃんにお願いしたわけですよね?

    このようになっているので、あれは宗教とは無関係で、
    日本人庶民を騙し討ちにするために、宗主国さまたちが画策したことですよ。
    騙されたら、心理戦争で、やられてしまいます。
    安倍一味は、イヴァンカさんに貢げば、トランプさんに褒めてもらえると知っているので、57億円、国民の誰にも相談せず、ポンと出してしまいますよね?

    あ* 

    コメント No. 4 病巣は…昇華を焦る気持ち

    「昇華を焦る気持ちが病巣」でしょう。
    「妻子を殴っても演奏家は育たない」ことさえ理解できなくなってしまうこともあるくらいクレージー=未治療PTSDの「陰陽混乱」状態は凄いものがあります。妻子を殴るのでは気が済まず、法事で一度か二度、顔を見たことがあるくらいの親戚も含めて「お前ら一人残らず殺してやる」ということになりました(個人的な体験)。

    日本の状況は、
    競争に勝てば「昇華」=「個性化」できたという勘違いがその上にかぶさっているだけです。

    なぜ、そういうことがクリアに見えるかというと、私は、私立中学受験をしたことがあり、「こんなことは、くだらない」と思って、それ以降、一切の競争には参加しないで今まで生きてきたからです。
    「今、私にできることは何だろう?」
    と自問しながら人生を組み立てれば、結果的に昇華もあるわけで、それだけのことなのです。

    あ* 2017-11-07 09:01:53

     

    コメント No. 1 軍産複合体の暴走を止める国際政治プロセス

    軍産複合体だけでしょう、問題なのは。
    その暴走をアイゼンハワーも止められませんでした。

    庶民=peopleどうしは、戦う必要はないのは、仰るとおりです。

    大阪大学からは、米国海軍に直接、カネをもらって兵器開発に協力する人が複数いるようなので、
    「戦争の仕掛人は貴・宗・銀」ではなく、
    どこの国の「貴・宗・銀」も、
    大阪大学のバカ者たちには、眉をひそめているでしょう。

    軍産複合体の暴走を止める国際政治プロセスを模索しているのが今の国際情勢ゆえ、そこを真っ直ぐ考察するのが良いと思いませんか。

    あ* 2017-11-07 09:24:29

    大学が既に人民制圧のツールになってしまったことが致命的ですね。

    害悪心理学で人民制圧を進める公認心理師がこれから跋扈して大変なことになりますよ。

    http://bit.ly/NoMoreEvilProfessionals

    という短縮形を作りました。

     

    これは、国際政治プロセスなのです。

    日本人に対してだけ、PTSD否認がやられています。

     

    大学が既に人民制圧のツールになっています。我々は、心理戦争に完敗した

    のです。この現実を認めて、公認心理師法を今からでも廃棄しましょう。

     

    ♡お♡ま♡け♡

    「彼ら」とは誰か?

    http://bit.ly/2AfIPRM

     

     

    皆さまも、お大事に。

     


    0 0

    この記事は、2015年12月14日の拙ブログ記事
    『PTSD否認の専門家が人類史的なPTSD負の連鎖を起こすことに加担しています。』
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12106112880.html

    に加筆したものです。

     

    『81歳の父親は、何があれば精神障害を持つ娘を殺さずに済んだのか?』
    http://ameblo.jp/yoruasaaida/entry-12106012691.html

    みわよしこさまがお書きの記事から書かれたブログ記事を拝読して、コメントしようとしたら長大になったのでブログ記事にしました。

    「81歳の父親は、何があれば精神障害を持つ娘を殺さずに済んだのか?」は 「honesty and diligence」(=「正直親切」©高村光太郎)のほか
    自らPTSD予防学習を行なう哲学と論理性があれば、娘さんを殺さずに済んだでしょう。

    しかし、なかなか、誰しもがそこまでの哲学を持ち得ないので、やはりPTSD否認の専門家がダメだということになります。子育てに必要になってくる哲学の力については、以前、他所さまのブログにコメントしました。
    http://ameblo.jp/raingreen/entry-12104400411.html#c12800114610
    1. 保護者会でPTSD予防は良いアイディアですね。

    「保護者会で
    PTSD予防教育をすればよい」
    という意見に賛成です。
    学校の先生やスクールカウンセラーはPTSDを発症するほうへ煽っているので困ります。そうでない先生やスクールカウンセラーを私個人は見たことがありません。

    先ほども、つい、お節介なコメント
    http://ameblo.jp/nijiiro-lollipop/entry-12103455011.html#c12800109616
    を書いてしまいました。
    反感を買うかも知れませんけど、看過するに耐えません。

    あ* 2015-12-09 15:25:53

    註)反感を買う可能性を危惧しましたが、実際には、そういうことはなく、ブロガー氏は、コメントを理解してくださったようです。その内容は以下のとおりです。

    コメント No. 3「密告」という捉え方は教育的ではありません。

    長女さま「ユズがお父さんのこと嫌だって言ってたよ」
    お父さま「そうなんだ。ユズちゃんがお父さんのこと嫌だって言うことが気になっちゃうんだね」
    長女さま「うん。どうしてユズは、お父さんのことが嫌だって言うのかな?」
    お父さま「ユズちゃんに訊いてみるよ。お父さんの悪い癖なら直せることなら直したら良いし、直せないようなことで人を嫌うのはダメだということも判って欲しいからね、何が嫌なのか、まず話を聞くことだね」
    という受け答えになれば「密告」になりませんので、長女さまに悪意があるかどうかは不明です。ない悪意を親が感じ取ってしまうと、初めは無かった悪意が育ちますので、教育的ではなく、注意が必要です。

    「監視して密告する」のではなく、
    「見守って父上に相談する」お姉さんに育ててあげてください。
     

    あ* 2015-12-09 14:57:00



    http://ameblo.jp/raingreen/entry-12104400411.html#c12800118640
    2. Re:保護者会でPTSD予防は良いアイディアですね。
    >あ*さん

    上から目線で「イマドキの子は~」「新型うつ病」「自宅警備員」とレッテルを貼るだけの心理職と同じタイプだと思いました。

    『私は今、こういう哲学に取り組んでいるの。わからないと嫌な子になっちゃいそうで…。助けて』と信頼できるお父さんにサインを送っている状態ですよね。

    子どもにとって危険な流行について知らせ合い、話し合うことでPTSD予防教育につながるのも自然でよいかもしれませんね。
    専門家はもう期待できないので。

    翠雨PTSD予防&治療心理学研究所 2015-12-09 15:49:23


    話は戻って、みわよしこさまの記事から抜書きされたブログ記事から引用しつつ話を進めましょう。

    「20歳ごろからは家にひきこもり」という状態は、長女さまから見たら「両親からネグレクトされている」ので、この時期に両親に対する怒りを溜め込んでいったのではないかと思われます。「ひきこもり」にも色々あり、臥薪嘗胆という状態であれば、努力にエネルギーを使っているので、誰に対しても怒りを溜め込むことはなく、ひきこもり時代も「そっと見守ってくれた」ご両親に後々は感謝する時が来たかも知れません。しかし、この長女さまの場合は、臥薪嘗胆で雌伏のときを過ごされたのではなく(悪気がなくても長女さまの危機に)気づかない両親から放置されていたのでしょう。ネグレクト状態でトラウマ複合体が肥え太っていったと推察されます。そうでなければ、母上に激しい暴力を行なう理由がありません。


    註)私の元夫は、息子や私に激しい暴力を行ない、しまいには息子はじめ日本人一族に対して「皆殺しだ」と言うようになってしまいました。では、息子や私が夫のPTSD震源だから攻撃されたのか?…と言うと、それは違います。元々、私に対して暴力を振るうときは、夫は、実母の代わり、前妻の代わりに私に「八つ当たり」をしていました。実母の代わりに私に「八つ当たり」するときは夫の母語が混じり、呼びかけも夫の母語で「母ちゃん」、ドイツ語圏で同居していた前妻の代わりに私に「八つ当たり」するときはドイツ語だけになり、前妻の名で私に呼びかけるのです。その片鱗は、夫自らが録音・編集して裁判所に提出した証拠にも示されています。

    ネグレクトに対する怒りが抑えきれなくなったとき「思い通りにならないことがあると両親に暴力を振るい、食器や家具などを壊すようになった」のでしょう。
    註)私の元夫は、前妻が出て行ってしまった後、あるとき、解離して「離婚の際の財産分与」の一部として前妻さんが置いていってくださった西洋プレートをゴム製の槌でパカパカ割り始めたので、「そういうのは、良くない。そんなことをしても、あなたの問題は解決しない」と言ってやめるように説得して、やめてもらい、割ってしまったお皿の欠片が私の足にもついたのでお行儀が悪いけれど、流し台の上に片足ずつ上げて欠片を流し落としました。その件について、元夫側は、我々の離婚裁判の際には、精神障害のある私が割れた食器の上で血だらけになって踊ったとか、流し台の上に立ったとか主張したので、あのミュンヘンの家の流し台は私のように小柄な日本人でもオヤジが主張するようなことは出来ない相談だと知っている愚息も、呆れ返ってしまいました。(2017年11月10日追記)西洋白人たちよ。

    くだんの西洋白人女性心理職も含め、ここに警告しておきます。

    子どもたちは見ていますよ。

     

    「小学から高校までいじめに遭い、職場でも人間関係で悩んでいた」のは、そもそもは、ご家庭でセルフネグレクト強要を無自覚に受容していて、「長い間ため込んだストレスのせい」などではなくPTSDによってストレス脆弱性がひどくなっていたため、普通の人なら何でもないことが本人にとっては過重なストレスになり、トラウマ複合体が肥え太るばかりの日々を暮らしていらしたからと推察されます。

    「警察に保護され、精神鑑定の結果、『情緒不安定性人格障害』と診断」したのが誤診。トラウマ複合体が暴れたのだからPTSDであり「普通の子」です。医師が誤診して村井さんにショックを与えたことは、専門家としては最低の行為です。この段階では、隣家に(八つ当たりで)お皿を投げつけるという物損事件だけらしいので、 S先生にかかっていれば、PTSD患者さんとして治癒して社会に復帰できたと予想されます。

    「自己中心的、他罰的になり、暴言や暴力行為などの症状が見られるパーソナリティー障害などと診断され、入退院は11回を数えた」のは、本来は、長女さまの責任とは言えないPTSD症状を責められたことで「PTSDから回復するにはセルフネグレクトをやめなければならない」という正しい直感から間違って「自己中心的」になり、「セルフネグレクト強要を自分に対して無自覚に(悪気なく)やった人たちがいる」という正しい直感から間違って「他罰的」になり、トラウマ複合体が暴れるたびにキレて「暴言や暴力行為」をするようになったでしょう。

    「2001年、長女は自己中心的で暴言や暴力行為など他罰的症状を伴う『強迫的神経症』と診断された」のも誤診です。そんな凶暴な「強迫的神経症」はあり得ません。PTSDでトラウマが暴れてキレている(=「解離」言動に陥っている)だけですね。専門家なら少しは勉強しないとダメですね。PTSDでトラウマが暴れてキレている(=「解離」言動に陥っている)状態の人については、まず保護室を上手に使うことがポイントだとS先生がブログにもお書きです。拙ブログにても「S先生:医療保護入院」としてブックマークがしてあります。

    「生きている事がとても苦しい」「病気は此の病院で本当に治るのでしょうか」…治るわけがありませんね、その病院は根本から間違っていますから。「S先生:医療保護入院」に書いてあるように「ラポールが形成されていない」のです。

    「精神的に落ち着いている時の長女は『(暴力が)悪いのは分かっているのにしてしまう』と漏らしたりした」のは、まだ救いがありました。私の元夫は、暴力が悪いとは思っておらず、「ダメ人間」の息子はじめ日本人一族を皆殺しにするつもりでしたから。しかし、最後は、保護人格が出てきて「私は何をするか判らない人間だ。警察を呼べ」と言って、攻撃的な交代人格が私を殺害する前に警察が来るようにと祈っていたようです。これは、犯行前に「神さま助けて」とメールした三鷹トーマスさんと同じです。三鷹トーマスさんも攻撃的な交代人格が鈴木沙彩さんを滅多刺しにするのは避けたかったから神さまに助けを求めましたが、どうにもなりませんでした。

    註)私の元夫の主人格も同じことです。あの時、警察の出動が遅ければ、私は2階の窓から飛び降りて脱出するつもりでいました。実際には、すぐではなくても警察が来たので「警察のかたがお見えになりました」と取次の従業員が声をかけると、夫の主人格は「これで助かった」とドイツ語で呟き、警察では自分が被害者だと主張しました。そのあと夫は被害者ヅラをしながら息子と私に嫌がらせを続け、今の避難先に来てからは、家事調停が不調に終わり、家事調停不調のあとの合意事項を3日後には破って直接に襲撃をして恫喝を行なったため、私が警察に電話せねばなりませんでした。その後も自転車で追い回され駅前交番に逃げ込み、その夜は警察のお世話になり危険なので避難先には帰りませんでした。そんな具合で、息子と私が元夫から最後に聞いた言葉は「お前ら殺してやる」であり、あのような殺人鬼に愛着するような精神障害は、息子にも私にもありませんので、生涯、面会することのないように気をつけて今もひっそりと暮らしています。

    2017年11月10日追記:同じドイツ語で話していても元夫の主人格と保護人格では話し方が違うので区別がつきます。保護人格は、元夫本国では大事なことは母語ではなくてドイツ語で語られるオーストリア=ハンガリー二重君主国の名残りなのでしょうか、主人格の話し方とは違うのです。

    長女さまの「暴力は毎日のように続いた。標的になったのは妻だった。肩と左手をハサミで刺す」としたら、母親がそもそも「手がかからない子」として(見守るのではなく悪気はないものの放置つまり)ネグレクトして、学校で「いじめ」が続いたときもセルフネグレクト強要を受容させて放置し、PTSDを発症させた「PTSDの震源」だと長女さまの無意識は知っているため、攻撃が母上に向かったと考えられます。

    「耐えかねた妻は『行方不明ということにして』と言って家を出」たことは良かったと思います。そのまま本当に行方不明者になってしまえば、PTSDの震源と接しないで済むだけ長女さまの負担は小さかったはずです。

    「近所の人や村井さん自身が110番通報した時もあった。その度に精神鑑定を受け、『統合失調症』『パーソナリティー障害』などとも診断」したのは上述したように現在の精神鑑定が根本から間違っていることを示しています。長女さまはPTSDでしかあり得ません。

    「警察から『事件でない限り、これ以上の対応はできない』として刑事告訴の選択肢も示された」のであれば、刑事告訴が最善だったでしょう。私どもも、夫を刑事犯にすることができれば、妻子の殺害未遂を繰り返した人物として更生の道を歩ませることも可能だったかも知れませんが、警察の指導で「DV保護命令申立」にしたのが大きな間違いでした。逃げたりせず、指の一本でも切り落とされてから刑事事件にすれば息子も中学に行けたのにと、息子と二人で後悔しました。どうも「DV保護命令申立」は本当に証拠が取れれば刑事犯罪者として立件できるような人間には無力で、冤罪ばかり生み出している機能しない法律のようで、一刻も早い廃止が望まれます。我が家のケースでは、夫=解離性ウソつきに巻き込まれてしまい、見てもいないことゆえ知り得ないことまで証言する人さえ現れて、DV保護命令の申し立ては却下され、暴力や恫喝の事実を否定され、息子はじめ私ども日本人一族がキチガイ扱いされて現在に至ります。日本には、頭が悪い精神科医と心理職が多すぎるのが致命的な問題と言えるでしょう。その所為で、現在、アヘン戦争パロディと「スタンフォードの監獄実験」パロディが日本社会全体で実践され続け、日本は滅亡へとひた走っている状態です。PTSD否認なので、解離性不注意が蔓延し、原発事故も収束できず、北半球を壊滅させる可能性が日々、高くなっています。アングロサクソンが911に仕掛けた心理戦が奏功して今があります。よかったですね、アグレッサーの皆さま、我意が通せて。私らキチガイ扱いされたまま先に死にますので♡後は宜しく♡

    「布団を頭までかぶり、おびえる妻の姿が目に入った」とき、布団をかぶっている妻を庇うために、父上は長女さまと奥さまの間に入り、毅然とした態度で長女さまの暴力を防ぐのがスジでした。私は、低身長かつ軽量で非力ですが、それでも、兄嫁が泣き喚いて拳を振り回した時にも殴られつつ止めてクールダウンを待ちましたし、DV親父が幼かった息子に殴りかかったときも常に身を張って防ぎ、その間に息子は家の外に避難するようにしていました。奥さまは足腰が弱って動けないにしても、父上が奥さまの身代わりに殴られるくらいの気迫を持って止めれば、長女さまの暴力は止められたはずです。素手でしょう? それなのに、後ろから電気コードで首を絞めるというのは、正当防衛にさえなっておらず、ただの殺人でしょう。PTSDがこじれて加害者にスイッチしたからと言って、三鷹トーマスさんを後ろから刺し殺すことが許されるかどうか、一度、考えていただけたらと存じます。やはり、何とか刑事告訴を経て、裁判を行ない、長女さまを更生の道へ導くのが父上の役割だったと言えましょう。

    「重い精神障害のある娘の面倒を長年見るにあたり、肉体的にも精神的にも限界に達していた」ら殺害して良いことにはなりません。「重い精神障害」にしてしまったのは、ご両親とバカな精神科医&心理職だからです。とはいえ、「犯行を後悔しており、高齢である」として執行猶予付きにした判決そのものは妥当でしょう。

    入退院を繰り返しながら、悪化していったのは「入院先が間違っていたから」と言えます。トラウマ複合体を育てるような「人道上の罪」を犯しながら、それを「治療」と称していた可能性さえあるので、捜査する必要があります。精神障害者が入院先で虐待されることは珍しいことではありませんから。虐待ではなくても、ハーマンが基礎にない行動療法はトラウマ複合体を育ててしまうため、本来ならば学会が倫理問題として取り上げるべきです。この件は、コメントNo.6 http://ameblo.jp/raingreen/entry-12103332194.html#c12799506711
    に書き、翠雨先生からもお返事をいただきました。
    「すべての学問は人類の福祉のために」という点については、コメント欄

    http://ameblo.jp/raingreen/entry-12103352654.html#cbox
    でやり取りしました。

    この長女さまも41歳ですね。遅発性PTSD発症または既に発症していたPTSDが悪化する「お年頃」というわけです。


    PTSD否認の日本社会において起きた悲劇として、
    落命された長女さまのご冥福をお祈りするとともに、
    悪気なく殺人犯になってしまわれた父上も含め、
    ご遺族の皆さまのご心痛をお察しする次第です。


    皆さまも、お大事に。

     

    2017年11月10日追記:この事件からも判るように

    人類史レベルで「精神鑑定」のあり方を再考する局面になっています。

    妄想性障害の周囲に信じさせる力」を発揮するタイプとして

    kyupin医師と

    麻原彰晃さんは

    同じです。翠雨先生のブログにてコメントしました。

    短縮形
    http://bit.ly/kyupinAsahara-type

    を作りました。


    放射能恐怖トラウマと児童虐待トラウマのトラウマ複合体を持つと推定されるkyupin医師は、“logical emotions”=「人の心」を失っていき、Radioheadの “Kid A” を理解できず、精神科医としての活動も、どんどん変になって今日に至ります。これ以上、未治療PTSDが悪化すれば、“dementia” 様の晩発性PTSDになるでしょう。

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0

    2017-08-22 08:32:53記事に追記。

    …(中略)…

    2017-09-11 18:41:41記事に追記。

    2017-10-11 19:47:15記事に追記。

    元記事:

    https://ameblo.jp/et-eo/entry-12302789262.html

    安倍源基の元では19人が拷問死している。

    安倍源基は、免罪されたA級戦犯の一人で、

    岸信介・木村篤太郎・安岡正篤らと共に

    右翼団体「新日本協議会」を結成、代表理事に就任した。

     

    治安維持法のような弾圧立法の中では、

    必然的にこのような人間を生むのである。

     

    安倍内閣のもとで成立した

    特定秘密保護法にも、

    特高のような役割を担う

    機密を調べる警察官が設けられ、

    今後、市民的な権利が侵害された社会になれば、

    拷問もあり得る。

     

    司法、警察の中に社会病理的な現象が

    含まれていると言うことである。

    註)その社会病理がPTSD否認です。

     

     

     

    …(中略)…

     

    岸信介は、A級戦犯として巣鴨プリズンから出所したあと、

    アメリカのエージェントになったというのが定説であるが、

    戦前からアメリカと通じていたのである。

     

    人を逮捕する特権を持つ者が、

    このポストを過激に使えば、

    一気に権力を拡大し、とんでもないことになる。

    ドイツのゲシュタポのゲーリングや、ソ連のベリア、

    イラクのフセインなどが、それである。

     

    これと同じパターンなのが、

    現在の安倍政権。

    内閣副官房長官は、

    警察、元・内調である。

     

    …(中略)…

     

    「治安維持法」は、

    現在の安倍政権で成立した「共謀罪」にも相当する。

    なお、「共謀罪」と併せて、晋精会が公認する公認心理師は、危ないことに気づきましょう。

    http://bit.ly/TensaiBakabon

     

     

    お子さまたちまでが就学時の「発達障害」検査で障害の固定(コメント No. 11 参照)をやられることに繋がります。こっそりと

    http://bit.ly/JapKillingOffspring

    という社会状況に誘導されています。嘘つき精神科医が黒幕。例えば…

    大学はじめ教育課程を搾取と制圧のツールにせず、

    「福男」(←性別不問)になれるように、詐欺をうまく避けて

    つべこべ言わずに駆け抜けましょう

    どうしたら良い? 取り敢えず、安倍一味を逮捕しよう。

    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12317075302.html

    コメントをいただいたので、補足しますと、

    日本人騙し討ちを粛々と進めている安倍一味を放置できないということです。

    ♡お♡ま♡け♡

    リブログ元記事へのコメント No. 1 投稿できました。ありがとうございます。

    1. ?

    「その背景は、世論は強く戦争に反対していたものの、
     ナチから逃げてきたメーネルトはじめ在米の亡命欧州人は、
     チャーチルと同様、対独戦 欧州戦線へ英米が参戦することを熱望しており、
    アメリカを参戦させるためには、日本が戦争のきっかけを作ることは好都合であったはずである」
    ということですよね?

    あ* 

     

    元々は、日米で対立する理由は、なかったのです。

    人類史レベルのPTSD現象に巻き込まれていったわけです。

    そして、安倍さんたちが「トラウマの再演」を続けます。

    巻き込まれないようにしましょう。

     素人がここまで書いているのだから、

    東大式エゴグラムとADHD診断でエビリファイを処方するとか、

    フロムの『自由からの逃走』を実践して、最相葉月さんのように『セラピスト』ショッピングの果てに街の心療内科で障害の固定をしてもらい「双極性障害」を安住の地にするとか、

    未治療PTSD患者を「医療現場で働け(=役に立て)」と言って突っ込んで、役に立てないなら現場の「優しさ」が足りないとか言うなど、バカ丸出しですから、やめてください。医療現場は、福祉作業所ではありませんので、PTSDを治してからでなければ就職できません。就職させたら、任免権のある人の責任が問われますよ? そんなことも解らないで人事ができるの?

    あとね、「PTSD否認=単なるレイシズム」という事実にほおかむりして「日本人女性は強いよね? ほら、ヨイショしてあげるよ? 勝手に治るよね?=レジリエンス」みたいなことを並べて「専門家」ヅラするのは、やめてください。そういう「専門家」ヅラした人たちこそ、さっさと大学人を辞任しなさい。血税の無駄なんだから。

     

    ♡お♡ま♡け♡

    コメントにいただいた

    『なんで売国なの』とは、以下の記事です。

    https://ameblo.jp/minshushugi/entry-12302329595.html

     

    いずれにせよ、PTSD現象です。

    http://ptsd.red

    http://ameblo.jp/phantom-nightmare/

    をご覧ください。

     

    ♡お♡ま♡け♡2

    コメント No. 7 へのお返事。

     

    (1)「専門家」の鑑別診断が必要です。医師免許を持っている精神科医で、予防を主張するくせに未病の人を鑑別診断できない有名人が大勢います。代表格が大野裕医師です。

     PTSDであろうと、いかなる障害・疾患であろうと、予防するには、未病の人を鑑別診断できなければなりません。

     

    (2)いかなる障害・疾患であろうと、一時的な機能障害を固定しないことが大事です。

     心理職や精神科医が対処すべき症例を挙げれば、転換性歯痛など転換症状です。歯科医で治すものではありません。しかし、転換性歯痛があったら精神科や心理職のお世話にならなければならないとは限りません。経過を観察しながら当人の歴史的身体をケアすることによって、自然治癒力が発揮するのを邪魔しないことで収まっていくこともあります。しかし、自然治癒力が発揮するのを邪魔しないでも収まらないなら、対処するのは歯科医ではなく精神科医です。そうですよね、kyupin先生。それに応答なさいませんでしたから、似非「専門家」です。

     

    話は戻って…

    チックも対人関係の緊張を反映した症状であり、セレネースを投与とかは侵襲性が大きすぎる選択ゆえ(どこぞの)教科書に書いてあってもやめましょう。経過を観察しながら当人の歴史的身体をケアすることによって、自然治癒力が発揮するのを邪魔しないことで収まっていくこともあります。収まるのを待つのが無理そうならチックくらいは催眠療法などによって暗示で治してADLやQOLを上げても予後に問題はないでしょう。

     その際、「収まるのを待つのが無理」かどうかは、当人の置かれた「場」に依存します。石原慎太郎氏はチックを放置してもADLやQOLに問題が出たようには見えませんね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    現在、焦眉の課題は、以下の3点。

    (1)第一次安倍内閣が実行した教育基本法の骨抜きをやめさせること。「子どもは飼いならす」のは教育ではないため、発達を障害させ、一時的な障害を固定(コメント No. 11参照)する「発達障害」論の罠にハマらないようにしましょう。

    (2)安倍ちゃんと「お友だち」でない人は、皆、人格権も生存権も無視されるようになってしまった現状を認識し、晋精会を解散しましょう。ニュージーランド人青年の悲劇をトラウマ化しないように、追悼しつつ、忘れないようにしましょう。

    (3)「共謀罪」と「特定秘密保護法」の存在は、戦前の旧内務省が展開した人権蹂躙トラウマの再演にしかなりませんので、法律を無効にするまで、日本人は総力戦で抵抗しましょう。

    Unit 731とか731部隊とか、タブー? もし、そうなら、人類史レベルでPTSD現象に対処しないとダメですよ、解決しませんから。解決とは、少なくともPTSD負の連鎖を止めることです。PTSDがあっても、負の連鎖を正の連鎖に変えることができれば、それを昇華と呼びます。昇華は狙って出来るものではありませんので、勘違いしてはダメ。

    http://welove-shonan912.hatenablog.com/entry/2017/07/13/230537

    “内田に文句をひとつ言うとすると、彼は、自分がしたいことを研究することで、学問が知的高揚をもたらしてくれた、それ以上のことを学問には望まないと同記事の最後に書いているのだが、

    今どきに大学教員をやっている(た)人間としてあんまり無責任ではないのか。

    いや、そもそもこういうふうに役に立たないことを気にしないのは無責任だとか思ってしまうのがいけないのか、

    それとも内田が教員をやっていたのは私大で、

    税金を使って運営されていなかったから思い思いの研究をやっていてもよかったということなのか”

    …全部、違います。学問のレーゾンデートルは、人類史レベルで、

    「いかなる問題が起きようとも、人道的に対処しようとする構えを崩さない」

    この一点ですから。

    「構え」については、倫理学について書かれた奥田さんの教科書でも読んでね。カビ臭くなるほど在庫があるらしいから。

     

     

     

    いただいたコメントから抜書き。

    「日本人騙し討ち。」・・・・、とても的確な言葉です。
    「父はアメリカに殺されました。」と真紀子さんは仰ったそうです。

    日本は白人居住地から見たら、極東に有るので、

    世界の清掃工場にはもってこいですからね…。 世界の人口削減に、日本人を貢献させようとしているのでしょうね。

     

     

     

     

    いただいたコメントを本文に転載。コメント欄だと文字が小さくて見にくいからです。

     

    13. 無題

    >あ*さん

    「日本人騙し討ち。」‥‥、とても的確な言葉です。
    「父はアメリカに殺されました。」と真紀子さんは仰ったそうです。

    日本は白人居住地から見たら、極東に有るので、世界の清掃工場にはもってこいですからね…。 世界の人口削減に、日本人を貢献させようとしているのでしょうね。

    衆院選がありますが、小泉・竹中ヤラセ劇場に続き、第2幕は、安倍・竹中・世耕・小池のヤラセ劇場でしょうか?
    小泉劇場の頃より、一段と、マスゴミ、検察、等の協力機関の結束も強まっている風で…、私達一般国民は、安倍一味に騙されていることを、一人でも多くの人が知るように、声かけ草の根運動するしか無いですね。マダム寿司やら、ナンやらを使い、野党を「打倒安倍党」1つにまとまらせない工作をするので、またまた反自公がバラけてしまいました。なので、自公へ投票している人々が、自公へ投票しないように、日本人騙し討ちのからくりを自公支持者の国民にこそ知ってもらいたいですね。 私は、仕事をしながら、なぜ打倒安倍か?レクチャー活動を地道に行っています。
    選挙集計の不正はどうなのよ?等も思いますが、安倍達に騙されない人を増やしていく活動をしていくしか、個人には出来ることが無いように思いますので。
     他の人間を騙し、その人の命・人生=生活を、危険にさらすことをしてはならないのが人間の掟=人権尊重ですからね。 安倍一味は違反していますから
    国民の安寧を一番に重んじた活動が仕事のハズの国家公務員の、仕事放棄&サボりが腹立たしい、ムカつきます。

    メリー(PTSDの時代を生き抜こう。人間賞賛。) 

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0
  • 11/10/17--19:59: ”自民党”
  • 2017-10-08 23:55:53記事に追記。

    元記事:

    https://ameblo.jp/minshushugi/entry-12316607424.html

    にコメントしても蒸発するので記録。

     

    コメント内容:

    Liberal policies toward dissidents”を崩さない…つまり

    リベラルなポリシーを

     異なる意見を持つ人々(=“dissidents”)に対しても

    崩さない

    のが本当の「リベラル」です。

     

    http://bit.ly/SaseboJiken

    http://bit.ly/ShinseikaiT4

    http://bit.ly/TensaiBakabon

    http://bit.ly/JapKillingOffspring

    http://bit.ly/AngloSaxonInterests

     

     

    ついでに、アスペルガー症候群は、アングロサクソンの

    妄想性障害です。騙されないでね!→ http://bit.ly/TensaiBakabon

     

     

     

     

     

    https://ameblo.jp/4493/entry-12316145024.html

    「納得できる状態が何なのか?という価値観こそが、その人間そのものを表しているのではないでしょうか?」と書いてあるのですが、勘違いですね。
    (1)「我意」を通すだけでもない、
    (2)「セルフネグレクト強要」を受容するでもない…

    (3)「陰陽混乱」状態に落とし込まれても踏みとどまる。

    ということは、

    すべての人に必要なPTSD予防&克服への道なので、
    「価値観」は関係ありませんね。 これが分からない「専門家」は「なんちゃって専門家」です。

     

     ところが、日本では、

    「2012年のアーミテージ・ナイ報告書は「日本は一流国家であり続けたいのか、それとも二流国家に成り下がって構わないのか? 日本の国民と政府が二流のステータスに甘んじるなら、この報告書は不要であろう」という恫喝から始まる。

    https://ameblo.jp/lully-moliele-1660/

    お嬢さま、お二人とも問題が山積らしい?

     

    日本政府はこの(=アーミテージらの)恫喝に縮み上がって「一流国でありたいです」と答えて、報告書のすべての要求に応じた(原発再稼働、TPP交渉参加、掃海艇ホルムズ海峡派遣、特定秘密保護法の立法、PKOの法的権限の拡大、集団的自衛権の行使容認、武器輸出の解禁などなど)。「一流国でありたければ、言うことを聞け」というような剥き出しの恫喝に叩頭する国を他国は決して「一流国」とも「主権国家」とも見なさないだろうということが頭に浮かばないほどに日本人はいつの間にか「従属慣れ」してしまっていた。」

    2017年6月18日付サンデー毎日への 内田樹の特別寄稿

    http://blog.tatsuru.com/2017/06/11_0910.php

    で指摘されています。

     

    http://bit.ly/AngloSaxonInterests

    アングロサクソン諸国の利権を、

    人類の福祉より優先しようという

    宗主国さまが提示なさる「報告書のすべての要求

    =「希望」に応じた

    (原発再稼働、TPP交渉参加、掃海艇ホルムズ海峡派遣、特定秘密保護法の立法、PKOの法的権限の拡大、集団的自衛権の行使容認、武器輸出の解禁などなど)」

    全部、実行し、避けられない暴力」として受容しろ、それができない “dissidents”は、

    真性右翼、左翼、全体主義のほか、

    アスペルガー症候群、うつ病、非定型精神病などラベリングして神田橋らがいうような

    治療共同体

    http://bit.ly/2hPU5Ah

    を形成して社会的に抹殺せよ…

    ということですね。

    人殺し!

    安倍ちゃんのお友だち以外は、人権がなくなってしまったのです。

    ===コメント内容おわり===

    何とかして、安倍一味を逮捕しよう。そして、

    人類レベルで、軍産複合体の暴走にブレーキをかける政治プロセスを考えよう

     

    ♡お♡ま♡け♡

    内田樹氏の特別寄稿に曰く、

    「私たち(が)目を背けてきた「ある現実」とは「日本はアメリカの属国であり、日本は主権国家ではない」という事実である。この事実を直視することを集団的に拒否したことから、今日のわが国の不具合のほとんどすべてが派生している」

    http://blog.tatsuru.com/2017/06/11_0910.php

    確かに、

    「主権国家」でないと、「そこの国民に主権がある」つまり

    「国民主権」と言っても空嘘なばかりです。しかし、

    「主権在民」といえば、国家の状態とは無関係に

    宗主国さまが君臨(←主権在君)状態でもニッチの自治が可能です。なので、

    皆さま、是非「主権在民」と言いましょう。

     

    明治憲法の憲法制定主体は日本国民でしたが、当時は

    主権在君」でした。第二次大戦敗戦後、それが

    主権在民」になり、とっつぁんがお書きの状況

    「国に主権がないのに国民が主権者でありうるわけがない」とは少し違って、

    国家に主権がない状態でも、ローカルな自治つまり

    主権在民」状態は維持し得るのです。

    https://youtu.be/NfhztGWBd4o

     

     

     

    つまり安倍ちゃんのお友だち以外は人権がないことにした安倍ちゃんとお友だち逮捕することがポイントになってくるでしょう。すると、山尾しおりさんの出番かも?

    無所属でいい、権力に立ち向かわせてほしい、私を使ってほしい」そうですよ。安倍ちゃん一味の全員を逮捕するまで応援しましょう、愛知7区の皆さま。それが日本全体のためにも人類のためにもなります。

    なお、「私たちが目を背けてきた「ある現実」とは

    「日本はアメリカの属国であり、日本は主権国家ではない」という…事実を直視することを集団的に拒否したこと」…それは、

    PTSD否認=社会病理なのです。

     

    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/attend/detail/yamaguchi_iwakuni_004/index.html

    あれれ〜我が家で大ウケ…

    コメント Nr. 1 無題

    これはつまり、日本政府にとって日本国民は「外国人」「外国勢力」であり、「敵」であるってことですね~

    孔徳秋水

    2014-08-24 23:40:16

     

    おもろいオッチャンやな〜おもろすぎて、言葉もなし。

    ♡お♡ま♡け♡2♡

    天才バカボン』という短縮系短縮形を作りました。

    http://bit.ly/TensaiBakabon

     

    ♡お♡ま♡け♡3♡

    補足です。実は、奉仕先生の兄弟弟子のうち

    池内了さんも、真っ当な常識人です。が、

    朝日新聞が中心になってネグレクトしていますね。

    朝日新聞って、ああいう新聞だから仕方ない…という趣旨で

    他所さまのブログ記事にコメントしたことがあります。

    朝日新聞=「PTSD否認」新聞ですから。

     

    こうしたことは、兄夫婦には理解できないようです。

    兄の前妻と同じで、PTSD否認に浸かりきっています。

    兄のようにアドラー心理学で止まっている身体医は、

    理解できなくても仕方ありませんね。内科医としては真っ当なんだけど、

    無意識の精神医学に関しては『白痴』です。

    http://bit.ly/DignityAsIdiot

    PTSD否認をやめましょう。

     

     

     

    広島原爆PTSD患者薬物治療をベースにした私のPTSD研究を学んだ方がいいぞ、アメリカ。」…同感なんだけど、聞く耳を持たない人が多数派なのよねー。

     

    ところが、ホッホシュタッター先生が心筋梗塞で突然死なさったので Pu〜になったんだね…orz

     

     

     

     

     

     

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0

    2017-11-13 12:33:00記事に追記。

    元記事:

    https://ameblo.jp/dembo531/entry-12327977324.html

    にコメントできました。アメブロさん、ありがとうございます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「(権力者の)役に立ってます」女狐心理職&精神科医=解離人格は、権力の走狗であり、

    ご自分だけ「解離する特権」を行使します。このような状態を「良心の解離」と呼びます(←PTSD現象学の知見)。実際、

    来談者制圧を心理療法だと言い張ってきました。気をつけましょう。

    PTSDに対処せねば、倫理を守れない」典型例と言えます。野田和子さんも同様です。

    香山リカさんは、大野裕医師

    と同じでDSM派として羽振りがいい人物。

    「ジャパンハンドラー を介してアメリカ奉仕していることの自信がゲスをつけあがらせている」(© 島田雅彦)のは、DSM派も同じです。

    野田和子さんバック晋精会かも知れませんね。

     

     

     

    脱字:「事故が予防できてし(ま)って」

    これは、「まぬけ」

    もしくは「まをとれ」という無意識からのメッセージかな。

     

     

    定番のメニューは?

    ▼本日限定!ブログスタンプ

    あなたもスタンプをGETしよう

     

    “Sense Of Coherence” は「新概念」だと主張している点だけ間違い(←日本語文献をお読みではないため)。

    現実=国際情勢に鑑みると

    誰の子どもも殺させない」倫理学の構えを崩してしまったら人道上の罪になることは自明ですね。人類レベル常識です。非常識な内海健医師には難しいかも?だから発達障害論詐欺を批判なさらない。

    註)「まずは、現実との接点があろうとなかろうと、
      病気の症状であると決めつける必要はありません。
    そんなことをすると、内海健みたいなバカになってしまいますよ?」と他所さまの記事

    『共同世界との接触がなければ、幻視はたんなる病気の症状に過ぎない』

    https://ameblo.jp/blueingreen1/entry-12325015430.html

    コメント No. 1 にて警告しました。このブロガーさんは結構、哲学ができそうなので、

    『継続は力、継続なしに何事も身につかない』

    https://ameblo.jp/blueingreen1/entry-12325307798.html

    コメント No. 3 にて…

    人類社会がフラット化したことを察知できていないために、

    来談者に無駄な負担をかけてしまうのが「過去の人」だと説明しました。

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0

    自宅床下から妻の遺体=乱射事件、犠牲者5人に-米加州
     【ロサンゼルス時事】米カリフォルニア州北部テハマ郡の小学校などで14日に男が銃を乱射した事件で、..........≪続きを読む≫

     

    また乱射事件ですね、流石、米国です。

    「オーバーキル」(http://bit.ly/2ypiDn7)と

     PTSD否認は、セットで進められています。

     

     

    1. 何と申しますか…

    国際情勢が益々解りやすくなってきましたね。
    香山リカさんが犬HKに出してもらって
    石破さんに「ヨイショ質問」したのは
    とんでもない!!…と当時、子どもと二人で番組を観ていて
    「あゝひどい…」と話し合いました。
    彼女は9条の会に出入りして批判をかわしながら、
    戦争をする方向に煽るのですから、
    サイードのいう『戦争とプロパガンダ』のframe を着々と構成してきた大学人です。
    大野裕医師が日本語版DSMの監修を任され、
    これからは、日本人らしい日本人が
    “deplorable”(©ヒラリー・クリントンさん)
    ということにされます。

    あ* 

     

     

    皆さまも、お大事に。