Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

問題の核心は、皆、PTSD。パキシルは「無意識に抑圧された中核トラウマと向き合う」ために飲むhttp://bit.ly/trauma-juyou「サイコドクターSの臨床理論」を理解しない限り「治らない」…http://amba.to/1ILz1Qc
    0 0

     

    元記事:

    http://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12300239523.html

    「人間なら誰でも

     トラウマ(病原化外傷記憶)がある。

     何でもかんでもPTSDにするな。」

    人間は誰でも

    斎藤杏花さんみたいに思春期に二年間監禁されて

    冨田真由さんみたいに顔面刺傷されるわけだ。

    斎藤さんも冨田さんもPTSDではない。

    ベンゾさえ飲まなければハッピーハッピーなんだな。

    こういう馬鹿は四肢切断されてもベンゾさえ飲まなければ全然平気なんだろ。人間じゃなくてヒトデなみの下等生物だから。

     

    患者を薬漬けレイプして自殺に追い込んだ

    鹿児島鬼畜精神科医「一生懸命に治療していた」

    この患者もベンゾさえ飲まさなければ

    レイプされ続けても自殺せずにすんだわけね。

     

     

    広島原爆被爆二世・

    児童虐待被害者のPTSD否認

    カクテル処方カリスマバーテンダーkyupin

    「ベゲタミンは神薬」

     

    みな同じ「人間のクズ」「人類の敵」である 、

    こういう「劣等遺伝子」は「T4」で根絶やしにして痕跡すら残すべからず。生まれてきたこと自体が間違いなのである。

     

     

    福島原発事故放射能恐怖否認の御用学者

    前田正治「フクシマで遺伝病のうつ病が心配だ」

    「九州北部豪雨で遅発性の遺伝病うつ病が心配だ」

     

    野村総一郎「遺伝病のうつ病は治らないから、あきらめろ!」

     

    原発再稼働・違憲総理安倍晋三の

    DPAT凍結、

    南スーダン派遣陸自隊員の帰国後PTSD自殺否認

     

     

    長崎広島原爆も

    東海村JCO臨界事故

    福島原発事故も

    北朝鮮の核も

    児童虐待も

    児童性的虐待も

    集団レイプも

    ベンゾさえなければ全てハッピーハッピー。何でもかんでもベンゾだけが悪いんや

     

    「誰にでもトラウマがある

    =太陽は西から昇る」

    アメリカのロボトミー研究にモルモット志願して、どこに「嘘つき脳」「嘘つき遺伝子」があるか調べてもらえばいい。

     

    未病レベルの状態(例えばホームシックなど適応障害)

    未治療PTSDを鑑別診断できない「専門性の低さ」を露呈しながら、

    「これからは予防に力を入れます」という学会の理事長を務める

    DSM派の大野裕医師も

    人道上の罪に反していますので、

    その精神機能の障害を治すため、

    アメリカのロボトミー研究の被験者として調べてください。

     

     

     

     

     

    自分が「見たいものしか見ないようにする人たちの住む世界で、見たくないものを演じさせられる悲劇

     

     

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0

    最近読んだ漫画は?

     

    ありませんねえ。残念。

     
     
     
     
    その件は、ネット検索
    を参考になさってください。
     宇宙現象学をやる人には、宇宙倫理学。
    著者は、〇〇振一郎さん。朝永さんではありませんよ〜
    あれは誰だ?誰だ?誰だ?
    …私は存じません。畑が違うもんね。どうも、すみません。
    稲葉振一郎(著)『宇宙倫理学入門』(2016年、ナカニシヤ出版)
     
    現象学をやる人には、普通に倫理学入門。
    奥田太郎(著)『倫理学という構え応用倫理学原論』(2012年、ナカニシヤ出版)。
     

    ▼本日限定!ブログスタンプ

    あなたもスタンプをGETしよう

     
     
     
     
     
     

    https://twitter.com/franoma/status/825967158072991744

    『実体と様態とは同じ存在レベルにある ― ジルベール・シモンドンを読む(72)』 http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/6760d7f029bd94d0ea08a9752bac77d6

    via @kmomoji1010 先生の記事から、

    なぜ兄と私は違うか、

    兄はエピクロス派の内科医で、

    私はストア派=宇宙現象学者だからだと理解できました。

    4:21 PM - 30 Jan 2017

     

    「エピクロス派の立場においては、唯一の真の関係は、他なるもの・外なるものからまったく切り離された人間の自己自身に対する関係だけ…

    ストア派の立場においては、人間と宇宙との関係だけ」

    そういうわけで、兄は、

    「鹿が木の皮を食べるように身に合ったものを食べれば良い」

    というのでした( http://ur2.link/BAxE )。ところが、これは、女性たちからは大変に不評であり、「人の気持ちなんか考えたこともない」から葛藤がないなどと誹謗されてしまいました。

     そのように「人の気持ちなんか考えたこともない」から葛藤がないと断罪される件については、箱庭療法の先生のブログ記事へのコメント

    http://ur2.link/BAxO

    に書きました。

     なお、性差について考えるならば、性差を担う歴史的身体について観察と考察を進めることが不可欠なので、それを抜きに心理学だの精神医療だので議論すると机上の空論になります。性差研究をしたければ、精神科医をまず辞めましょう。

     
     
     
     
     
     
     
     
    参考:
    『福島第一原発650シーベルト推定報道、
    エビ中・松野莉奈さんの不整脈で死亡等に関する報道で思うこと。』 http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/b72b3d19596ac1fd2a6ebb96a2dd6208
    木下黄太さんは、PTSD予防を進める方向で、講演活動と有料メルマガを通して、現実的な放射能防御と被曝低減の努力を(不退転の決意で)続けるため、情報共有を進めていらした著述家/ジャーナリストです。特に、メールマガジン150号には、
    「状況が芳しくない時に、それをどう凌ぐのか」がポイントだと書かれていますので、一読をお奨めする次第です。
     「状況が芳しくない時に、それをどう凌ぐのか」この「凌ぐ作法」が「PTSD予防学習」です。
     
     
    パパラッチ」を煽った「女狐」心理職たちを忘れないようにしましょう。二度と被害を受けないように。
     
    ♡お♡ま♡け♡
    現在、アメブロさんの広告では、以下の2冊が出ます。学生さんは、大学図書館でお読みください。性別によらず米国の良いところだけ学び、ヒラリーさんの問題も米国独特のガラスの天井「ジェンダー問題」ではないことを理解できるようにPTSD現象学を進めましょう。
     
     
     

     

     

    元記事:
    『イザナギの「呪的逃走」としての 精神科医のPTSD患者への向精神薬処方、 「薬」という「壁」』
    わたしはよく患者に「私もトラウマから逃げないけど、あなたも逃げようとすると、トラウマに食われるよ、トラウマからは決して逃げられないからトラウマと言う」と言う。
    「あの〜私らを皆殺し(=オーバーキル http://ur0.link/BJk0 )にしても、あなたがたの問題は解決しませんよ? そこに気づいてください」と息子が思うのと同じです。「オヤジよ、君は何から逃げているのか?」( http://ameblo.jp/aya-quae/entry- 11486904564.html )…言わずと知れた「トラウマ」からでしょう。 翠雨先生のブログ記事へのコメント http://ur0.link/BJjA と

    註)現在、表示されませんので、コメント内容を書きますと、

    http://ameblo.jp/kunotakayoshi/entry-12248765732.html#c12914453451

    コメント No. 1 ■科学の始まり

    「天敵を最初に発見した鳥が逃げると、上の3条件に従ってすべての群れが同じ行動をすることで、多くの鳥が天敵から逃れられるのかもしれません」という仮説に同感です。そういうのが「集合的無意識」の正体なのかも知れません。

     

    そうして、大空襲のなかで「頭お留守」状態の群衆が川のほうに向かって殺到してしまい、未成年だった父が風向きを読んで「そっちへ行くと危ない」と言ったら、そんなことを言う未成年のほうが「コミュニケーション障害」のある「頭がおかしい」ヒトということにされてしまいました。そう言えば、あの子のお父さんって兵器開発をしてたんでしょう…先祖代々キチガイの家系っていうことね…と「ラベリング」されてしまいました。

     

    PTSD現象の嵐のなかで「頭お留守」状態になって、PTSD現象学と個別科学の失敗学を進めようと呼びかけるのは、「アスペ」だからではありません。遺伝する先祖代々の「精神病」でもありません。

     

    「精神病」ラベリングや「発達障害」ラベリングによって、当人とその人に接する人々を心理操作して、当人に「ラベリング」どおりの「障害」を固定することは、精神科医と心理職らが長年、行なってきた間違いです。それを個別科学としての失敗学を進めて反省しつつ、PTSD現象学を進めることによってのみ、「集合的無意識」に振り回される「烏合の集」状態を客観的かつ主体的に観察&記述できるようになることでしょう。それが「科学」のスタートです。

     

    記事でご紹介の小鳥の群れは、「集合的無意識」に従う「烏合の集」ですが、そのなかの一羽が『カモメのジョナサン』のように実証哲学(←註「実証哲学」とは、社会学の祖と言われるコントの哲学)を展開して、いつしか飛び方を科学するようになるのか?…は、不明です。

    あ* 2017-02-18 08:08:17

    ===コメント内容おわり===

     
    皆さまも、お大事に。

    0 0


    日本会議も中核派も…

    いずれも「悪気がない」ことは同じらしいのですが…PTSD現象です。

    元記事:

    https://ameblo.jp/minshushugi/entry-12300389697.html

     

    今日は、私の結婚記念日です。結婚生活は破綻しましたが。

    「8・1・3」です。元配偶者が、どうしても、この日にするというので、

    日本人側の親族にも無理をお願いして、その日に欧州本国の教会にて結婚式を挙げました。その前に、市役所に二人の名前を掲示し、この婚姻に異議がある人は、その旨、お知らせくださいという掲示を1週間以上しました。

     でも、婚姻届は、その市役所では受理されませんでした。夫側の公的文書が揃わず、夫が重婚ではないとか、扶養義務のある隠し子がいないとか、証明できなかったからです。夫側の公的文書が揃わなかったのは、夫がまだ若い頃(二十代前半)、神経衰弱になってしまった友人を西側に逃がすため西側へ連れて出て自分は戻ろうとしたけど戻れなくなったため、そのまま亡命者扱いでドイツで暮らした後、東西の壁が落ちて、亡命者扱いではなくなり、突然、「本国に帰れ」と言われて「それは不当だ」と抗議して、帰らなかったからです。ドイツ側は「本国に帰れ」と言われて素直に帰った人たちには、ドイツ居住時代の公的文書を本国に持ち帰ることができるように手配したのですが、「本国に帰れ」と言われて「それは不当だ」と抗議して、帰らなかった人に関する文書は、処分してしまったらしくて、後から「ください」と申請したら「ありません」と言われて、終わりになってしまったのでした。

     あら、どうしましょう?…と父に相談したら、ん~ま~野合ではなくて、地域社会はじめニッチを構成する人々から「あれは夫婦だ」と認められるのであれば、婚姻届が受理されなくても、事実婚ということで、いいかなぁ…というか、どうにもならないでしょ。…という返事でした。母は、え、何、それじゃあ「内縁の妻」扱いで、子どもが生まれても「庶子」なの!?…と言って大騒ぎしました。私個人としましては、はじめから(生まれてくる子どもが差別されさえしなければ)戸籍での扱いがどうであるかは気にしていないので、元はと言えば、子どもができなかったから代理母を探していた夫婦と、子孫残そう大作戦(?)だったわけで、どうでもいいんですが、周りの人は皆、「婚姻届が受理されない」ことで、心を乱されました。そういうのをPTSD現象と言います。

     

    その後、夫本国の在東京領事に相談し、「この人は重婚でもないし、扶養義務のある子どもも元配偶者もいません」と一筆書いていただき、それを夫側の公的文書にして、日本で婚姻届を出しました。偽装結婚ではないことを示すために、結婚式の様子を撮影した写真も、役所が請求するだけの枚数、出しました。

     

    子どもも生まれて、めでたし、めでたし。

     

    その後、西洋白人女性心理職ご夫妻から、訳のわからない攻撃を受けましたが、

    元より、問題は、すべてPTSD現象です。

    http://bit.ly/2w0C1Jr

    に、コメントしました。

     

    話は戻って、リブログ元記事に、コメント No. 7 と 8 を投稿できました。アメブロさん、ありがとうございます。

    7. いずれも「悪気がない」ことは同じらしいのですが…

    「中核派というのはなんなのでしょうね。原発反対をいう人たちを貶める為に行動してるのではないでしょうか。少なくとも産経好きなアホには『だから反原発を言うサヨクは駄目』と思わせられますから」

    という点に同感です。

     

    実は、そういう組織があるとは、日本会議も、中核派も子どもの頃から聞いてはいますけれど、いずれも、「あの組織は何なのか?」未だに謎です。いずれも「悪気がない」ことは同じらしいのですが。

     

    どうも、お邪魔しました。

    あ* 2017-08-13 14:16:56

     

    8. Re:Re:無題

    >フラミントさん♪

    >晴彩(はるさい)さん、

     

    脇から失礼します。

    「大きな黒い利権屋と普通の人が争わざるを得ない」点が現代日本のPTSD現象=問題の核心だと私も思います。

     

    「お金が動く

     日本的なるものに病巣があるという

    (伝統文化はよいものですが)

    メッセージでしょう。

     なんとなく

    昨日の事件と

    連動しているような気がします」

    © 翠雨先生=箱庭療法の専門家

    https://ameblo.jp/raingreen/entry-12301164526.html

     

    PTSD現象なので、

    連動するのです。

     

    あ* 2017-08-13 14:57:53

    ===コメント内容おわり===

     

    「安倍政権の置き土産『無法』ですが

     受取拒否は

     誰にでもできますよ」(©翠雨先生)

    というのがPTSD予防&克服への道に踏み出すポイントです。

     

    ♡お♡ま♡け♡

    コメレス

    http://bit.ly/2vtNDDt

    をいただきましたので、記録。

    行動療法ではダメなんですよね、

    認知行動療法にしてもダメなんですよね、

    PTSD現象学を進めれば自明です。

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0
  • 08/14/17--04:35: ”無責任の体系”

  • 元記事:『無責任の体系』

    https://ameblo.jp/tousekitetsu/entry-12301152012.html

    にコメント No. 1

    『情報公開と自由な議論、そして記憶の風化を許さないこと。』

    を投稿できました。アメブロさん、ありがとうございます。

     

    コメント内容:

    「無責任の 体型 体系から決別するには、

    情報公開と、さまざまな立場による自由な討論こそが必要」ですね。

     

    文部科学省の前川前事務次官がいう

    政策立案プロセスの透明性を確保すること

    …と同じです。

     

    丸山眞男については、以下のブログ記事があります。

    http://d.hatena.ne.jp/cangael/20140807/1407364012

    丸山「オックスフォードに行ったときにカレッジの若いやつが、なに戦争体験は風化する、核爆発なんて言って騒いでいるけれど、そのうち風化すると。僕はちょっと激高してね…」

    情報公開と自由な議論、

    そして記憶の風化を許さないことが必須であり、

    記憶の風化を許さないことが芸術のレーゾンデートルでしょう。

    あ* 2017-08-13 13:52:26

    ===コメント内容おわり===

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0


    元記事:『トランプになんとなく感じてた』

    https://ameblo.jp/minshushugi/entry-12301449720.html

    に、以下のコメントを投稿したところ、承認待ちにならずに蒸発したので記録。

     

    コメント内容:

     米国の大統領選挙で勝てるとは、いかなる社会現象であるかを人類史レベルで考察せねばなりません。モンサントからカネをもらってゾンビ状態のヒラリーさんよりトランプさんのほうがマシ…という消去法で大統領になって、さあ、どうする?

    註)と書いたら、それだけではないという記事が出たので、ツイッターでご紹介しました。

     

    あのアイゼンハワー大統領でさえ

    軍産複合体が手に負えないと書きながら、

    そのことを否認なさって国連にて

    「核の平和利用」詐欺

    を演説なさいました。敗戦国ドイツの哲学者ハイデガー

    http://bit.ly/2hZjes3

    があのアイゼンハワー演説の前に人類レベルで重要な何かを言ったのに、完全無視でした。

     

    私事でアレですが、ウォルフレンという親日かつ知日家がおわしまして、

    https://duckduckgo.com/?q=%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3&t=ffsb&atb=v60-5__&ia=web

    日本の権力構造は特殊なんだ~と書いたので、私は「こういう問題は、どうしたらいいんでしょう?」と訊いて回ったのでした。その返事は、全部、同じで

    「大事な問題だけど、難しい問題だからねえ…」

    要するに、諦めるんか?あんたらは年寄りだから、それで良いだろうけど、わっち 私はこれから子どもを産み育てる予定なんで困るんよ?…と思いました。悪いから言わなかったけど。

     

    そうこうするうち、私も予定は未定だった出産・子育てを実践しまして、ついでに、ウォルフレンも認識が変わってきまして、ありゃ、日本が特殊かと思ってたけど、米国も同じだったねえ…orz 

     

    要するに、人類全体が同じ問題にぶち当たっているということで「日本の特殊性」に帰着させる議論は「アスペ」も含めてナンセンスということだけは明らかになったのでした。

    ===コメント内容おわり===

     

    ♡お♡ま♡け♡

    シモンドンは、西洋学問史を全体として批判して、
    分野によらず我々人類の「バカの壁」(©養老孟司)=認知の歪みを認識し、
    ブレークスルーを可能にするために、極めて有効です。

    参考:

    『集中講義第五日(最終日) 男と女がまずいて恋愛関係が始まるのではなく、恋愛関係が男を男にし、女を女にする ― 夏休み日記(19)』

    http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/0b85a4873f744e7c16b747ebed40c630

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0

    『鬼畜の政府、死んだ人(遺族)からも金を取る!』

    元記事:「国民は国から経済制裁を受けてるようなものですね」

    https://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12301671568.html

    そうした血税が、

    首相友達に無造作に流れ、

    内部告発者は逮捕、

    批判し追求する人は「国賊」扱い、

    隠し続けた官僚が国税庁長官

    に出世するのが日本の現実です。

    コメント No. 3. 

    『「晋精会」公認の心理職を使って日本人の人権蹂躙を進めます。』

    https://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12301671568.html#c12949374913

    を投稿できました。アメブロさん、ありがとうございます。

    コメント内容:

    いつも記事をありがとうございます。

    「さらに死亡税が加わるというのです。

     これでは国民は国から経済制裁を受けてるようなものですね」

    という点に同感です。記事ご紹介のツイートを投稿しました。

    しかも、

    「そうした血税が、

    首相友達に無造作に流れ、

    内部告発者は逮捕、

    批判し追求する人は「国賊」扱い、

    隠し続けた官僚が国税庁長官

    に出世するのが日本の現実です。」

     

    このような状態なのに、

    教育・医療・福祉の政策だとして「美化」しながら

    日本人に(日本人から搾り取った血税を悪用して)

    人権蹂躙をすべて受容させるための制度が

    公認心理師法です。

     

    「晋精会」公認ですから、もちろん

    首相友達に無造作にカネが流れるように制度設計がされています。

    その公認心理師法施行規則に関するパブコメが

     明日 締め切りなので、リブログ記事に書かせていただきました。

    あ* 2017-08-15 11:55:17

     

    コメレスもいただきましたので、

    他の方々のコメントも合わせ、

    元記事をご覧ください。

     

    (1)亜急性期リハビリ病院に「軟禁」状態にする「虐待」=人権蹂躙。

    私もコメントしました。

    1 ■現場をよく観察して、現実に対処するしかありませんね。

    「重症でなければ、
     早く自宅に帰って、
     普通の生活をするのが 一番のリハビリになる」
    という点に同感です。患者さんのことを第一に考えれば、そうなると思うのですが、3か月、「入院」と美化した軟禁状態にするのは何故でしょうか?
    (1)患者のことを第一に考えないと、何のための医療か?と思います。
    http://kunota506.com/2017/08/09/post-16727/#comment-1016
    (2)「なんちゃってエビデンス」で制度設計をしては、医療が崩壊します。
    http://kunota506.com/2017/08/12/post-16896/#comment-1023

    あ* 2017-08-15 08:38:49

     

    (2)小児科医を「しつけ」=「教育」に利用しようとする過ち。これは、転換性歯痛を歯科医に治してくれというのと同じ間違い

     

    (3)731部隊の反省が足りない「アベ政治」の皆さまへ。

     

    (4)日本政府がやらないのでボランティア頼みのベータ線核種の実測。実測して現実を知らねば、

    実際的な安全確保ができません。

     

    (5)「発達障害論」そのものが詐欺なのに、就学時に「発達障害」検査を開始するというニュース。

     

    (6)人類史レベルのPTSD現象を観察・記述しないと、どうしようもない。

     

    (7)原爆PTSD否認では、

    合理性のある安全確保を進めることは不可能。

     

    実は、

    「医療」「福祉」と「美化」して、

    日本人に対する人権蹂躙を進める日本政府

    =アベ政治です。

     

    安倍政権がいつまで続くのかは不明で困ったものです。

     

    安倍政権の置き土産

    『無法』← 何しろ、違憲立法もやり放題。

    ですが

    受取拒否は

    誰にでもできますよ」(© 翠雨先生)

     

     

    日本人に(血税を悪用して)

    人権蹂躙を受容させるための制度が

    公認心理師法です。

     

    公認心理師法施行規則に関する

    パブコメの締め切りは

    2017年8月16日(本日)です。

     

    2. Re:鬼畜です

    >晴彩(はるさい)さん

    首相友達=晋精会
    が公認する公認心理師は、制度設計がメチャクチャです。
    日本人は、いかなる人権蹂躙をやられても
    受容し 運命だと思って受け入れなさい…
    ということになっているのです。そんなものに国家資格を与えるというのは、

    まさに「鬼畜」です。

    やはり、
    晋精会が首相のお友だちだから
    通ってしまうのでしょうかね?
    どうしたら、
    政策立案プロセスの透明性を確保できるのか

    そこが問題です。

     

    「国家資格」による権威づけ

    安倍さんのお友だち

    ビジネスチャンスを回すのではなくて、

    普通に治しましょうよ。「なんちゃってエビデンス」では現実に対処できませんから。

     

     

     

    写真が綺麗なのでツイートでご紹介:

    https://ameblo.jp/helloworkfan/entry-12301526581.html

    コメントは、投稿しても承認待ちにならず蒸発しました。

    コメント内容:

    やはり

    http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000112.html

    この辺の情報から

    「雨降るように拝んでいた」

    のでしょうかね?

     

    どうも、お邪魔しました。

    ===コメント内容おわり===

     

     

     

     

     

    コメレスできないので、本文に追記します。

    ついでにリンクもつけました。

     

    >晴彩(はるさい)さん

     

    WISCという検査を行ない、

    そのスコアで「発達障害」ということにして、

    療育と称して特殊な世界に閉じ込めて

    障害を固定するか、

    セラピストショッピングをさせてから

    障害を固定するか、どちらかにして、治らないようにします。

     

    しかし、実際には、

    WISCでも知能検査でも学力偏差値でも、傾向と対策をやると、スコアは変えられるものなので、一体、何を測定しているのかは謎であるばかりでなく、

    もともとのアスペルガー症候群は、ヒトラーが障害児を間引きしようとしたのでハンス・アスペルガー医師が大事に育てれば、立派に育つことを示して、間引きをやめさせた…ということなのです。つまり、ヒトラー(=安倍晋三)&解離性T4妄想を「優生思想」と呼ぶ香山リカ先生のような「専門家」さえいなければ、

    我々が迫害されることは初めからなかったのです。

    http://bit.ly/NihonjinSeiatsu

     

     

     

    内海(さ)さんは、栄養療法に興味があった時代があったようで、私もお返事しました。しかし、それ以前に、夫の鉄欠乏は疑われたので、本人と話をして鉄分を補充していました。結局、夫のムズムズ脚は一時的なものでした。

    岩波明医師は、東京大学医学部出身なのでデタラメです。

    http://bit.ly/KonjikiYasha に書いたように、PTSD克服(=昇華)のプロセスはアプローチによらず同じです。治せない精神科医は不要です。

    香山リカとその同調者

    113回日本精神神経学会学術総会:名古屋で、

    植松聖の遅発性ネグレクトトラウマPTSDの解離性妄想「T4妄想」と

    北里大学によるアクチベーション・シンドローム 大量殺人を

    「優生思想」による犯行と「診断」した。

     

    「障害者は虐殺すべき」という「優生思想」は「一理あるけど」いけませんというわけである。 

     

    「人にレッテル貼って殺人する」ことを「思想」として正当化すると「遺伝的に劣った者」だけでなく「遺伝的に優れた者」も殺害の対象になる。

     

    第二次大戦でのドイツ軍のポーランド侵攻とソ連とのポーランド分割。ソ連軍も「カチンの森」で「ポーランド軍隊内で優れた者たち=将校団」を大量虐殺して埋めた。

     

    ドイツ軍もポーランド占領後の「タンネンベルク作戦」で「ポーランド国家で優れた者たち=知識人・指導者層」の大量虐殺を行った。 

     

    DSM-5「統合失調症よりPTSDの方が幻覚妄想が多発する」

    「人にレッテルを貼って殺人を正当化する考え」とは

    現代においては「思想」ではなく「妄想」である。

     

     

    「リケジョ・キャンペーン」

    も「人にレッテルを貼って殺人を正当化する考え」と同様に「妄想」(=妄想性障害です。分野によらず「専門家」の妄想性障害がある件については、 

    http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/0b85a4873f744e7c16b747ebed40c630

    にコメントしました。

     

    以上のようなデタラメに基づいて、

    ヒトラー(=安倍晋三)&解離性T4妄想を「優生思想」と呼ぶ香山リカ先生のような「専門家」たちが跋扈して、

    WISCなどの検査を行ない、

    そのスコアで「発達障害」ということにして、

    療育と称して特殊な世界に閉じ込めて

    障害を固定するか、別のラベリングで

    セラピストショッピングをさせてから

    障害を固定するか、どちらかにして、治らないようにしつつ、

    牧畜精神医療を進める精神科医の監督下に心理職を配置することで、心理職を牧畜精神医療の手下にするのが

    公認心理師法です。その施行規則(案)のパブコメ

    が形式的ながら募集されています。

    締め切りは、本日8月16日です。施行規則(案)が通れば、実施の運びになり、

    「晋精会」(=安倍さんのお友だち)公認の

    公認心理師=国家資格による権威付けを行ない、

    日本人の人権蹂躙を進めます。

    その先にあるのは戦争です。

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0


    元記事:

    https://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12302023131.html

     

    「75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が施行されて5カ月になるが、戸惑いを隠せないのが医療現場」ですか、

    認知機能検査は、兄は断った模様。意味がありませんから。

    もう、脳外科に回すしかないレベル(参考になる画像が  ダウンロードできます → http://www.sainaika.uinet.or.jp/research/study/Demenz.ppt )になっていたら、自動車の運転なんか危ないからやめたほうがいいと診断しても、誰も異議を唱えないでしょうが、

    問診で解離事故を起こすかどうかを判定することは不可能なので、

    「診察対象者が認知症と診断されると運転免許の取り消しになりうる」認知症誤診(=晩発性PTSD)などやったら恨まれるだけですよね。そんな分かりきった問題が生じることが判っていて、どうして、改正道交法など通ってしまうか?…というと、精神科医のレベルが低いからでしょう。法律改正前に「そういう話ではないでしょう!」とコメントする人がいなかったということです。

     

    今日、昨日、公認心理師法施行規則(案)についてパブコメ締め切りでした。

    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12301674238.html

    に記事を書きました。私は、子どもの人格無視に反対しています。

    http://bit.ly/2x3YQsj

    http://bit.ly/2i4gIR8

    こどもの日は、

    「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨の国民の休日ですが、

    「子どもは飼い馴らす」とした第一次安倍内閣の教育基本法の骨抜きから

    子どもの人格は尊重しなくて良いことになってしまい、

    発達曲線から外れている子を「発達障害」扱いして、

    「障害の固定」がやられるようになりました。

    来春からは、そのように歪んだ教育論によって「発達障害検査」がやられるそうで、人権蹂躙が益々ひどくなることが危惧されます。

     

    心理職は、安倍ちゃんお友だちの晋精会にビジネスチャンスを回すように、公認心理師を国家資格として権威づけして、PTSDに対処できない精神科医たちの下働きにされ、人権蹂躙のお先棒を担ぐようになるのでしょう。晋精会メンバーさんの病院では、ニュージーランド青年が10日ほど身体拘束をされて死亡退院したのが象徴的な事件でした。

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0

    2017-07-11 12:52:26記事に追記。

    2017-07-11 13:18:30記事にキム医師はウソつきと加筆。

    2017-07-11 13:27:50記事に追記。

    2017-07-15 09:46:49記事に追記。

    2017-07-21 18:46:13記事に追記。

    2017-07-22 16:45:12記事に追記。

    応援グループ自分で決める薬を飲む飲まないキャンペーン

    をご紹介するため、ツイートしました。

     

    他所さまのブログ記事

    http://kunota506.com/2017/07/11/post-15200/

    に、以下のコメントを投稿したら蒸発したので記録。

     

    仰るとおりです。

    「残念ながら、現在の日本では

    医師も患者もこれらの薬の依存性(習慣性)に対する意識は低い」ですね。

     

    私も、配偶者が2001年911ショックで決定的に崩壊したあと、過覚醒に陥り、体力が持たず、あるとき起き上がれなくなり、順天堂大学越谷病院メンヘラ科…じゃなかったメンタルヘルス科=「メンタ」に丸投げしてもらい、ロラメットというベンゾ系の睡眠導入剤を処方されました。もうね、DVオヤジがのしかかってきて首を締めようと何だろうと、グ~スカ寝てしまうから、DVオヤジも観念したのか、私の首を締めるのはやめにして、順天堂大学越谷病院「メンタ」主治医を訴えてやるぅ~というストラテジーになり、私に対しては「病気に逃げ込むな」と言って(睡眠中ではないときの)暴言と暴力がすごくなり、うまく避けないと殺されるなあ…って感じになってしまい、息子も「ほんとだよーうまく避けないと死んじゃうか怪我するかだよ、危ないよね」ってことで、倒壊大学を出て鳴かず飛ばずの文学者さんの家に避難したりしました。orz 悪いね、お家を借りちゃって…とか言いつつ、お礼に、お洋服を買ってあげたりしました。何か、古典言語学の大家に会いに行くにも、おべべが大事なんだってことで。何だか『長靴を履いた猫』みたいな話ですが、ハンガリーくそ親父たちの国際的なPTSD現象に巻き込まれないように、2011年311ショックドクトリン以降は縁を切りました。多分、セーフですね。ケルティック・フォーラムで生存が確認されるから。

    …ていう感じで、グチョグチョです。orz

    註)ハンガリーくそ親父とはハンガリー系のくそ親父という意味ではなくハンガリー関係で(国籍や民族、人種は無関係に)親父である人々のうち、特に「加害者型PTSD」であるケースを指すため「くそ」をつけた表現(限定用法)です。

    今も、私の周りはグチョグチョですが、私の認知機能は、もともと、そこらの心理職や精神科医よりも正常ですので、ロラメットを服用しても、何ともありませんでした。私は、自分から「もう要らない」と言いました。断眠療法のフェイズになったかなと自己判断したので。主治医も有能とは言えないまでも、キチガイではないので、「もっと服用しなさい」とは言いませんでした。

     

    主治医も有能とは言えない理由を2つあげますと、

    (1)D. M. Allen, 2010,

    “How Dysfunctional Families Spur Mental Disorders: A Balanced Approach to Resolve Problems and Reconcile Relationships (Childhood in America) ”

    http://bit.ly/2t7V2DN )とかいう本を持って行って、議論しようとしたら「もう来なくていい」ということにした。おい。議論しないとダメだろ。

    (2)後で見たら、精神科医のくせに「性差研究」をしているとネットに書いていた。性差は、歴史的身体で決まるのだから、性差研究をするには、一刻も早く精神科医を辞め、身体医にならねばならないのは、人類レベルで自明だ。お前はバカか?…悪いから面と向かっては言わないけど。

    註)自明だと思っていましたが、そうでもない…という話が他所さまのブログ記事

    http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/e/0b85a4873f744e7c16b747ebed40c630

    に書いてありました。なるほどと思い、現代物理学でも精神医療でも同じ問題があることをコメントしました。特に、「PTSD否認は社会病理だ」と理解できる人がほとんどいなくて、PTSD現象=その場にいる人たちの心が乱されるような事態=社会現象が発生すると、誰かの個人的な資質に還元すること(←実体主義)で「解釈」して、ここが問題ですよと指摘した人物に「アスぺ」ラベリングを行い、お前が「コミュニケーション障害だ。死ね!」と、殴りかかってくるオヤジさえいる…orz 

     

    自称キチ◯イ医さんのところに、「機能不全家族」論に関連して、以下のコメントを書きました。

    コメントタイトル:

    “denied PTSD”=“racism”

    コメント内容:

    「子どもにとって「安全な基地」であること、

    そのなかで子どもが自らの「自己」を充分発達させることができること

    これが健康な家族の機能であるとされています」

    これは、PTSD現象学的な表現をすれば、

    「人格無視をやられがちな

    (0)子ども

    (1)有色人種

    (2)女性

    が先祖代々のPTSD負の連鎖によって「トラウマの再演」をせずに済むように

    「安全確保」ができる人的物的環境であること、

    そのなかで、家族メンバー個々の歴史的身体が発生し、進化と終焉を迎える場(=field )」これが健康な家族生活の現場でしょう。この件は「フェミニズム」の問題ではないと昨日、コメントを投稿しました。

     

    我が家のオヤジがDV化して自滅していったのは、

    我々日本人一族が「アスぺ」だの「ADHD」だの汚い血が流れた「黄色いサル」( http://bit.ly/AsiatischeAffe )だからではありません。オヤジは、

    D. M. Allen, 2010,

    “How Dysfunctional Families Spur Mental Disorders: A Balanced Approach to Resolve Problems and Reconcile Relationships (Childhood in America) ”

    の一読を私に奨めたので、私はそれに目を通し、順天堂大学の越谷病院に診察に行ったとき、主治医と議論しようとしたら、主治医が遮り、もう来なくていい…ということになったのでした(爆笑)。そうして私の通院は終わりました。

     この本の著者によると「アスペ」は生まれつきのもので「不治の病」扱いです。は~アスペ~?…勝手に決めないでくれる?…と思いませんか? ついでに、HarvardのBiermanが研究したら「ADHD」は後に「双極性障害」になるそうで、その件は、Biermanが製薬会社の支援を受けた(つまりADHDの子を薬物でコントロールして「教育」は手抜きした)結果、自己コントロールが効かない(薬物性)「双極性障害」になることを示唆しています(←ほのめかしているだけで断言はしていない)。

    註)ADHD診断を経由していないのに、E.フロムのいう『自由からの逃走』を経て街の心療内科で「双極性障害」ラベリングをしてもらい、その状態を「安住の地」にしたのが最相葉月さんです。奇しくも昨日、アマゾンの広告が入ったのでコピーを取っておきました。それが以下の書籍です。『自由からの逃走』を経て街の心療内科で「双極性障害」ラベリングをしてもらうような人物は、主体性のある学びができているわけがないので、多くの人がありがたがって読む本でも、私は読みません。

     そもそも、誰にとっても

    生涯を賭けるテーマとは、主体性のある学びと発見

    であり、エピキュリアンなら現象学、ヒトが出てこない現象学なら宇宙現象学を毎日やっており、物心ついてから死ぬまで生涯を賭けているのです。自覚があるかどうかは別として。

    故に、kmomoji1010先生の話を聴けば終わりであり、自由からの逃走を実践してしまう最相葉月さんの本を読むのは無駄でしょう。もっとも、どうして、このような東工大講義がなされ、本にもなったのか?=社会現象の研究材料にはなるでしょう。そこにはPTSD現象があるはずです。なぜなら、彼女は、自由からの逃走を実践して街の心療内科で「双極性障害」ラベリングをされた状態を「安住の地」に選んだPTSD患者さんだからです。

    D. M. Allen, 2010,

    “How Dysfunctional Families Spur Mental Disorders: A Balanced Approach to Resolve Problems and Reconcile Relationships (Childhood in America) ”

    そして、この本のキモは、「機能不全家族」が子どもを病んだ状態にするという点ですね、タイトルのとおりです。

     

    さて、甲斐先生の記事ですか、

    「子どもたちは機能不全家族を維持し続けるために役割にはまり込みそれを演じ続けることになる」

    ということは、我が家では先祖代々、起きていません。

    「自分自身の欲求を棚上げし、他人の欲求を自己に取り入れ、自分の欲求のようにして生きているので、自分の感情を感じることができなくなっているのです。

    つまり、彼らは共依存しながら生きているので、「自己の欲望」の中身を知らなければ、自分を生きることができなくなる」

    としたら、「自己の欲望」の中身など検討するのは、バカです。大概の人は単に「我意を通すこと」が「自己の欲望」の中身を検討して人生を謳歌することだと勘違いしてしまうからです。これが「機能不全家族」論の拙い点ですね。

     

    家族メンバーの誰しもが

    セルフネグレクト強要を受容しない、

    セルフネグレクト強要を受容させないで済むように

    互いに配慮することが「思いやりの原理(=“the principle of charity”)」すなわち

    “caritas”(← “amor” ではない)です。

    セルフネグレクト強要を受容させないで済むように

    人的・物的環境をできるかぎり整えること

    =現実的な「安全確保」に努めること

    これがPTSD予防&克服への道を進むための前提です。

     

    発達障害論者が言う「ライナスの毛布」の話ではありません。現実的な被害に遭わないように話し合うことです。例えば、

    http://bit.ly/2pLDoG0

    に書いたアッシェンバッハというシニアサイエンティストは心理学的なサポートをしたわけではないのです。

     

    「専門家」ならば、

    「発達障害論では更生できない」

    http://bit.ly/rehabilitare

    ということに気づかねばなりません。

     

    そして、

    http://bit.ly/ToiletB

    の流れは「環境レイシズム」の一種であると認識し、

    護衛艦「いずも」が「コバンザメ」と言われる国際情勢のなか、

    海上自衛隊も現総理らの「トラウマの再演」に巻き込まれているので、

    自衛官に残された道は失踪(=解離性遁走)であることを理解し、

    現実的な「安全確保」をしたのち、PTSDに対処せねばなりません。

    S先生の臨床知見が有効です。

     

    どうも、お邪魔しました。

    2017-05-05 09:42

    ===コメント内容おわり===

    メリーさんもご存じですよ?

    バレなきゃいいのかなぁキム医師は? ん

    金吉晴先生は未治療PTSDかも知れませんね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    皆さまも、お大事に。

     


    0 0


    元記事:

    https://ameblo.jp/sannriku/entry-12302280786.html

     

    弓場清孝さんの刈羽での体験については

    既にご自身のブログ

    「疲労困憊したおじさんのブログ」及び

    寺尾紗穂さん著『原発労働者』(講談社現代新書)

    同じく寺尾さんによるシリーズ

    原発で働くということ

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40408

    に掲載されています。ただこれらに書かれていないディテールも

    いくつかご紹介できると思います。

    …とのことです。

     

    三たび許すまじ原爆を

    我らの街に=陸

    我らの海に=海

    我らの空に=空

    我らの世界に。

     

     

    コメレス No. 3 に、

     

    アイゼンハワーの「核の平和利用」詐欺という意見を持っていると人格権を否定されます

    …と書きました。これは実話です。私は、立教大学にて小川岩雄教授に習い、物理自主ゼミに参加し、核問題概論の授業に加えて「ロバの会」の話も聴き、小川岩雄教授がガイガーカウンター持参で入市被ばくをなさりつつサバイバーズギルトによる晩発性PTSD発症によって(私が誰だか判らない)「痴呆」あるいは「認知症」状態におなりの時も、お話を伺った実体験から記事を書いています。

     小川岩雄教授が変にならなければ、私は、教授のご媒酌で日本人物理学者と結婚していたでしょう。その人と婚約していましたから。その人は論破=ロンパールーム兄ちゃんだったので、中核派をバカにしていて、そんな姿勢では合意形成ができないのに、理解しませんでした。ついでに私が精神障害だと思ったようで、婚約を破棄しました。でも、そんなことは、全部、過去の話です。そして、It dos'nt matter who you are.

    科学者のいうデタッチメントを進め、PTSD現象学を進めましょう。

     

    “It doesn't matter who you are”

    https://youtu.be/vnLWVkFf8PM

    については、

    2015年のクリスマス休戦に

    ケント・ギルバートさんのブログ記事にコメントしました。

    その件は、

    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12231146343.html#c12901596093

    に記録しました。

     

    科学者のいうデタッチメントを進め、

    PTSD現象学を進めましょう。

     

    なお、現代日本の双璧

    http://bit.ly/2greatestAuthorities

    については、

    http://blog.goo.ne.jp/franoma/e/6f014d9d6c80abfd76a11d4b12b9b066

    にも書きました。

     

    ♡お♡ま♡け♡…人相に問題があっても同僚…

    「ユージン・スレッジ( https://duckduckgo.com/?q=%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8&t=ffsb&atb=v60-5__&ia=web )が目撃した

    同僚の亡霊」

    http://ameblo.jp/okinawahisui2/entry-12295411168.html

     

    http://ameblo.jp/kobayashiiiiit/entry-12295497804.html

    皆、四つ足ですから~

     

    豚も四つ足

    犬も四つ足

    猫も四つ足

    赤ちゃんも四つ足

    足腰立たないご老体も四つ足

    …ってことで、細かいことは気にしないのが

    おおらかで良いと思います。

     

    我が家では愚息が2歳のとき

    純白の豚の赤ちゃんを見て

    「猫ちゃん、猫ちゃん」と言ったので、

    この子は、ひょっとしてバカなんじゃないかと

    大人たちが凍りついてしまいましたが、

    そういうことはなく、

    普通に(?)育っています。

     

    どうも、お邪魔しました。

     

    2017-07-24 13:54:49記事に追記。

     

    Tomaso Belloni ( https://duckduckgo.com/?q=Tomaso+Belloni+X-ray+Astronomy&bext=mcp&atb=v60-5__&ia=web )さんの人相が悪くて、テロリストではないかと疑われ、EUになってからも国境で止められるのは、ご本人の責任ではありませんでした。

     

    「#中国 の #犯罪 者は弱くて簡単な女を集中して狙う(例:を書いたらダメなのかな?蒸発した)ので、俺は問題ない」って、そういうのを #構造的暴力 と言います。#PTSD現象学 > @PTSDSUIU 先生は、ご存じ。> #大阪大学 #現象学 者の #先生どうでしょう ?

     

    2017-07-24 18:50:04記事に追記。

     

    http://bit.ly/2fNU66Q つまり、シルバーノも生きている= #サバイバー 。こいつら皆、#ミュンヘン では #イタリア の #マフィア と言われていた!…orz あるいは #ユダヤ 系マフィア…orz あのですねーただの #天文学 者ですけど?

     

    ドイツ人シニアサイエンティスト=親父と私はドイツ語で話しました。親父は「このようなことで、あなたと私の友情が壊れるとは思いません」と仰せになり、私は「そういうことを強要する人間関係を #友情 とは呼びません」と申し上げました。そうしたら、ドイツ人シニアサイエンティストは #落命。

     

    https://twitter.com/franoma/status/898278377177587712

    ドイツ人シニアサイエンティスト=親父と私はドイツ語で話しました。親父は「このようなことで、あなたと私の友情が壊れるとは思いません」と仰せになり、私は「そういうことを強要する人間関係を #友情 とは呼びません」と申し上げました。そうしたら、ドイツ人シニアサイエンティストは #落命。

    5:20 AM - 18 Aug 2017

     

    https://twitter.com/franoma/status/898279789328334849

    > @PTSDSUIU 先生は、ご存じ、こういうのを #PTSD死 と呼びます。> #大阪大学 #村上靖彦 #教授 はじめ #現象学 者の #先生どうでしょう ? > @kikumaco 先生は、#専門外 ? > @kumikokatase さんは、私をブロックなさっていますね。

    5:26 AM - 18 Aug 2017

     

    https://twitter.com/franoma/status/898276744213311488

    bit.ly/2fNU66Q  つまり、シルバーノも生きている= #サバイバー 。こいつら皆、#ミュンヘン では #イタリア の #マフィア と言われていた!…orz あるいは #ユダヤ 系マフィア…orz あのですねーただの #天文学 者ですけど?

    5:13 AM - 18 Aug 2017

     

    カルロ( http://bit.ly/2qyyfEu )だけ殉職したんだ。

     

    https://twitter.com/franoma/status/898277223253196800

    シルバーノはね、ドイツ人シニアサイエンティストにいじめられて、泣いちゃったの。お前な~泣いてる場合じゃないだろ~と私は思った。悪いから言わなかったけど。そのあと、私はドイツ人シニアサイエンティストと決裂した。私が #明日ぺ だからですか?

    5:15 AM - 18 Aug 2017

     

    https://twitter.com/franoma/status/898278377177587712

     

    ドイツ人シニアサイエンティスト=親父と私はドイツ語で話しました。親父は「このようなことで、あなたと私の友情が壊れるとは思いません」と仰せになり、私は「そういうことを強要する人間関係を #友情 とは呼びません」と申し上げました。そうしたら、ドイツ人シニアサイエンティストは #落命。

    5:20 AM - 18 Aug 2017

     

    https://twitter.com/franoma/status/898279789328334849

    > @PTSDSUIU 先生は、ご存じ、こういうのを #PTSD死 と呼びます。> #大阪大学 #村上靖彦 #教授 はじめ #現象学 者の #先生どうでしょう ? > @kikumaco 先生は、#専門外 ? > @kumikokatase さんは、私をブロックなさっていますね。

    5:26 AM - 18 Aug 2017

     

    ♡お♡ま♡け♡2…人相は存じ上げず同僚でもないけど…

    インコさんは、賢い小鳥さんで、良い飼い主には懐きますが、嫌なことをされると家出して、すぐに野良インコになってしまいますので注意が必要です。…

    具体例→ http://ameblo.jp/kunotakayoshi/ 薬理学の先生… orz

    34分からご覧ください。

     

     

    皆さまも、お大事に。


    0 0


    元記事:

    https://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12302581468.html

    2ちゃんねるのメンタルヘルススレでも「毒親」スレに書き込んでいる連中は「PTSD」と絶対に言わない。

    「毒親」は「児童虐待トラウマPTSD」否認言葉である。「愛着障害」も同じである。

     

    「監護者(保護者)性交等罪」

    「監護者わいせつ罪」も

    刑法で規定されたんだから、

    児童性的虐待の加害者である親は

    「『監護者性交等・わいせつ罪』を犯した精神障害犯罪者(加害者型PTSD)」

    と呼ぶべきである。

     

    JSTSS(日本PTSD学会)自身が

    「ストレス疾患」とか

    「トラウマ疾患」とか、

    何とか「PTSD」と言わないように次々に造語しやがる。

     

    そんなに10年以上否認してきた

    ICD-11の「複雑性PTSD」が怖いか。

     

    2004年からの14年間、一貫して

    「複雑性PTSD」に正面から取り組んできた精神科医は16000人で私1人だけである。

     

    国営学術情報データベース「J-GLOBAL」で検索すれば誰でもわかることである。

    「全ての精神疾患がPTSDである」

    「全てのPTSDが複雑性PTSD=PTSD+解離性障害である」

    「(単純性)PTSDなるものは存在しない」

    「きちんと診察すれば精神科受診患者の全てに解離症状を認める」

     

    「複雑性PTSDの症状は何でもあり」(杉山登志郎)

     

     

    「うつ病(PTSDのうつ症状)は治らないから、あきらめろ!」野村総一郎

    要するに、野村総一郎先生は、ウソついてないから、いい人ですよねー。 

    「PTSDの世紀」になったとは仰いませんが、今や「うつ病」は治らなくなった…という観察事実を正直に述べられました。まあウソつきでは、防衛医大の先生は務まりませんよ。自衛官は、最前線に行くのですから。希望は、防衛医大に、S先生に続く医官が育つことです。特に、

    http://bit.ly/rikugun

    を熟読してください。

     

     

    皆さまも、お大事に。